バイナリー海外業者選びサポートサイト

海外バイナリーオプション業者の入出金・口座開設方法・ペイアウト倍率・取引内容などの特徴を比較して業者選びをサポートするサイト

移動平均線/実線乖離率で相場が現実離れしてるか確かめる

移動平均線/実線乖離率とは

移動平均線/実線乖離率は、移動平均乖離率とも呼ばれるもので、現在の相場価格が単純移動平均線からどれだけ乖離して(離れて)いるかを把握するためのテクニカル指標です。

この指標は、どれだけ離れているかを表示する乖離幅という棒グラフと、その幅を割合で表した乖離率と呼ばれる折れ線グラフから構成されています。 単純移動平均線より下に離れているほど価格上昇の可能性が高くなり、上に離れているほど価格下落の可能性が高くなります。

相場価格が移動平均からどれだけ離れているかを利用して、値動きが反転する転換点を確認しましょう。

バイナリーオプションで移動平均線/実線乖離率を使った攻略手法

移動平均線/実線乖離率を使ったバイナリーオプション攻略手法は、相場価格が移動平均からどれだけ離れているかを利用して、値動きが反転する転換点を見極める必勝法です。 経済指標の発表時の強い値動きが起きている場合は注意が必要ですが、オシレーター系のテクニカル指標を利用すればさらに信頼できる攻略法になります。

実際にトレードラッシュ攻略体験ブログで移動平均線/実線乖離率を使った攻略手法を使ってバイナリーオプション取引を行っていますので、そちらで確認すると移動平均線/実線乖離率の攻略法がイメージがしやすいかと思います。

離れる過ぎると戻る性質を利用しよう!
買いのサイン

1.乖離率が-10%(-0.1)を下回ったとき
2.乖離率が-3%(-0.03)~3%(0.03)の間にいるとき、-3%(-0.03)付近で反転した場合

売りのサイン

1.乖離率が10%(1.0)を上回ったとき
2.乖離率が-3%(-0.03)~3%(0.03)の間にいるとき、3%(0.03)付近で反転した場合

移動平均線/実線乖離率(移動平均乖離率)

移動平均線/実線乖離率の注意点

注意点として、強い値動きが起きている場合は、乖離率が±10%を超えても反転することなく値動きが続く場合があります。 値動きの強さを見るための他のテクニカル指標を併用し、強い値動きが起こっているときはコールやプットの判断を控えて様子を見るのがベストです。 さらに、重要経済指標の発表のような強い値動きになることがあらかじめ分かっている場合には、しばらくの間は売買の勢いがとまらなくなるので、この指標での予想を避けた方がいいでしょう。

移動平均線/実線乖離率の注意点

注意点として、強い値動きが起きている場合は、乖離率が±10%を超えても反転することなく値動きが続く場合があります。

値動きの強さを見るための他のテクニカル指標を併用し、強い値動きが起こっているときはコールやプットの判断を控えて様子を見るのがベストです。

さらに、重要経済指標の発表のような強い値動きになることがあらかじめ分かっている場合には、しばらくの間は売買の勢いがとまらなくなるので、この指標での予想を避けた方がいいでしょう。

移動平均線/実線乖離率とよく併用されるオシレーター系のテクニカル指標 »ACオシレーター »DMI »ブルパワーとベアパワー

 

ザオプションに登録すればテクニカルチャートが無料で使える!!

ザオプションの高機能チャート
テクニカルチャートを試すならザオプションで!
MT4は高機能だけど、準備するのに手間がかかってしまいます。ザオプションなら登録するだけで利用可能になる高機能なテクニカルチャート『デスクトップアプリ』があるので、とても手軽にテクニカル分析にチャレンジできるわ。
今すぐ登録する!

テクニカル指標トレンド系の記事一覧はこちらテクニカル指標TOPはこちら

難易度

ザオプションを使う人に見てもらいたいおすすめ記事

  • 海外バイナリーオプション業者一覧

  • バイナリーオプション攻略最新記事

  • 運営者情報

    スミス

    ボリンジャースミス

    2013年よりバイナリー海外業者選びサポートサイトを運営しているスミスです。投資歴は10年です。
    皆さんの投資の手助けになれるよう、様々な角度からサポートしていきます。もっと私の事を知りたい方は下のリンクから確認できます。
    詳しいプロフィールを確認する

    Twitter
  • ザオプションが本気を出す!

    ザオプションバナー
  • 海外バイナリーオプションをサポート