バイナリー海外業者選びサポートサイト

海外バイナリーオプション業者の入出金・口座開設方法・ペイアウト倍率・取引内容などの特徴を比較して業者選びをサポートするサイト

HLバンドで判断!バイナリーオプション相場で高値と安値の更新を確認!

HLバンドとは

HLバンドは、ハイローバンドとも呼ばれるもので、相場の値動きの方向性や勢いを確認するためのテクニカル指標です。過去一定期間中の最高値同士を結んだH(ハイ)バンド、過去一定期間中の最安値同士を結んだL(ロー)バンド、HバンドとLバンドの中間になるように引いたM(ミドル)バンドの3本で構成されています。

この指標では、過去の一定期間の高値と安値が更新されることで、売買サインを確認します。

バイナリーオプションでHLバンドを使った攻略手法

HLバンドを使ったバイナリーオプションでの必勝攻略手法としては経済指標発表時などでよく現れる大きな相場の動きが発生した時に使います。 一方向への伸びが続くかどうかが分かるのでダブルアップ機能のあるバイナリーオプション業者を利用していれば、利益を倍にできるチャンスとなります。

高い?低い?二者択一のHLバンドで売買サインを見る
買いのサイン

1.Hバンドを上に通り抜けたとき(順張り)
2.Mバンドを下から上に通り抜けたとき(順張り)
3.Lバンドに上から触れたとき(逆張り)
4.Mバンドに上から触れたとき(逆張り)

売りのサイン

1.Lバンドを下に通り抜けたとき(順張り)
2.Mバンドを上から下に通り抜けたとき(順張り)
3.Hバンドに下から触れたとき(逆張り)
4.Mバンドに下から触れたとき(逆張り)

HLバンド

HLバンドの使い方

ここで順張りとは、相場の流れに乗って取引を行う考え方です。 このとき、これまでの相場の値動きの方向が既に反転した(トレンドの開始時)とみなします。 反対に逆張りとは、相場の流れに逆らって取引を行う考え方です。 この場合は、これまでの相場の値動きの方向が今から反転する(トレンドの終了時)とみなします。

HLバンドの幅が狭い時は、値動きが横ばいになっているレンジ相場の状態になっています。 このとき、高値と安値の差が付きにくいことから、HLバンドにおいての予想の信頼性が著しく低下しやすいです。

反対に幅が広い時は、明確に高値と安値の差が付くため、HLバンドにおいて予想がしやすい状態になっています。

注意点
HLバンドは値動きの勢いに左右されるため、値動きの勢いを測るための他のテクニカル指標と併用することをおすすめします。
 

ザオプションに登録すればテクニカルチャートが無料で使える!!

ザオプションの高機能チャート
テクニカルチャートを試すならザオプションで!
MT4は高機能だけど、準備するのに手間がかかってしまいます。ザオプションなら登録するだけで利用可能になる高機能なテクニカルチャート『デスクトップアプリ』があるので、とても手軽にテクニカル分析にチャレンジできるわ。
今すぐ登録する!

テクニカル指標トレンド系の記事一覧はこちらテクニカル指標TOPはこちら

難易度

ザオプションを使う人に見てもらいたいおすすめ記事

  • 海外バイナリーオプション業者一覧

  • バイナリーオプション攻略最新記事

  • 運営者情報

    スミス

    ボリンジャースミス

    2013年よりバイナリー海外業者選びサポートサイトを運営しているスミスです。投資歴は10年です。
    皆さんの投資の手助けになれるよう、様々な角度からサポートしていきます。もっと私の事を知りたい方は下のリンクから確認できます。
    詳しいプロフィールを確認する

    Twitter
  • ザオプションが本気を出す!

    ザオプションバナー
  • 海外バイナリーオプションをサポート