バイナリー海外業者選びサポートサイト

海外バイナリーオプション業者の入出金・口座開設方法・ペイアウト倍率・取引内容などの特徴を比較して業者選びをサポートするサイト

コロナウイルスに負けるな!バイナリーオプションなら毎日がチャンス!スプレッド取引でひと稼ぎ!

2020-4-7

こんにちはボリンジャースミスです♪

この3ヵ月はTVを観ても、ラジオを聞いても、SNSを見ても「新型肺炎コロナウイルス」の話題で溢れかえってます。

更には3月9日、12日の米株式相場は急落し、一時全ての売買を停止する「サーキットブレーカー」が発動しました。その際はニューヨーク証券取引所のルールに基づき15分間取引を停止する事となったのは記憶に新しいです。

サーキットブレーカー

この様に株式と為替は連動していますので、実はこのコロナ相場、バイナリーオプションにとっては非常に狙い目となります。

では具体的にどう狙い目となるのか。一から分かりやすく解説していきます。

コロナ相場を利用する!
一方的なトレンドになりやすい
ローソク足の先頭で取引を行う事を「00秒取引」と呼ぶ
※3月23日追記:今度は円安方向へ
開場前にどの方向に伸びているかを確認する事がコツ

世界景気後退の時は円高傾向になるのでトレンドが掴みやすい

円高傾向

世界的なリスクが高まった時や何らかの経済ショックが発生した時、そして世界経済が後退局面に入った時の為替相場は「円高」になりやすいです。

そう、まさに今がその時ですね。

日本はアメリカやヨーロッパと比べても規模が小さく、悪影響を受けやすいというのに、なぜ日本円が買われて円高になるのでしょうか?

物凄く簡単にご説明しますと、日本は世界最大の債権国(お金を貸している国)なんですよね。(借金大国と言われるのは国内の財政の話であり関係ありません。)

例えば私たちの世界でも好況時はお金を借りる人・企業が増えて世の中のお金のめぐりが良くなりますね。

逆に不況時はお金を借りる人や企業が減って貸し手側も「貸し渋り」であったり「資金回収」が起きやすいですよね。

世界のお金の動きも同じです。世界的に不況になると、債務国から債権国へのお金の流れが生じやすくなります。なので債権国である日本の通貨が上昇しやすくなります。これがいわゆる「安全通貨」というものです。

そのため「世界不況=円高」という構図になりやすいというわけですね。

コロナウイルスの収束が見えない以上は世界不況

コロナウイルス

さて、今回の問題の発生源は中国ですが中国の経済停滞は、ヨーロッパやオーストラリア、中東などの中国の恩恵を受けてきた世界の国々に大きなダメージを与えます。

これらの国はアメリカを始め多くの国に関わっているので世界的な経済問題となります。これだけでも円高なのに既に世界規模でコロナウイルスが蔓延してしまったのでこれ以上ない「世界不況」という構図になっています。

ですので悲しいですが、収束しない限りコロナウイルスの話題が出ると円高へ動くと認識して良いでしょう。

これまでに大きく為替が動いた事例は全てネガティブな話題ばかり

ちなみにこの数日で大きく為替が動いたタイミングは以下の4つ。

▶新型コロナウィルスの感染拡大を受けたグローバルなリスク回避ムード ▶世界保健機関(WHO)による「パンデミック」認定 ▶日経平均株価の急落 ▶トランプ米大統領による「欧州からの入国を30日間停止する」発言

これら全てコロナウイルスが無ければ起こりえなかった内容ですよね。

この様にコロナウイルスの収束が付かない限りは同様の事が起こると考えられます。

※追記:安全資産日本円まで売られ今度は円安に!

画像タイトル

しかし3月下旬より今度は円高から一変、円安へと大きく転換しました。

コロナウイルスによる経済不況が進み、安全通貨としてリスク回避に使われていた日本円も売られ始めました。そのため相対的にドルが伸び円安方向へと進んでいます。

これらの事から現在の市場は上昇方向でエントリーする事で勝率が上がります。

取引を行う際は22時30分に「USD/JPY」を選択しよう

LOWエントリー

円高・円安に進むという事で最も狙いやすい通貨ペアは「USD/JPY」です。アメリカは世界最大の国ですから米ドル(USD)の通貨流通は多く、ファンダ的にもテクニカル的にも正直に動きます。

ですので為替取引を狙う場合は「USD/JPY」で狙う事をオススメします。

特に動きやすいのが「ニューヨーク証券取引所」が開く22時30分(日本時間)です。アメリカの朝になり、トレーダーが動き出す時間です。

最近はこの時間までにトレンドが出来ており、開場と同時に更にその方向へ為替が動きます。

画像タイトル

なので22時30分の開場に合わせて「USD/JPY」がどのように進んでいるか確認し、進んでいる方向にエントリーしましょう。

取引時間に関しては「turbo」の5分取引、もしくは「ハイロー取引」の15分取引がオススメです。ハイローオーストラリアの魅力は最大2.30倍のペイアウト率ですが、今回の狙い方はなるべ長い時間を取りたいです。

理由は、開場と同時に「よーいドン!」で上がったり下がるわけでは無く、開場の動きを見て取引を行うトレーダーもいるためそのトレーダーの動きも考えると5分以上の取引がオススメです♪

このコロナウイルスに翻弄されて終わり…ではなくペイアウト率の高いハイローオーストラリアでこの状況を逆手にとり現在の円高・円安方向にエントリーする事で一稼ぎしましょう!

今だから使える攻略法なので常に備えを!

この新型コロナウイルスによる為替相場の乱高下の事を「コロナ相場」と呼びます。その名の通り今だからこそ使える狙い方になります。ここまで毎日大きく為替が動くことは非常に珍しく、ペイアウト率の高い「スプレッド取引」が行いやすいこれ以上ない環境となっています。

コロナウイルスの話題1つで大きく動くので、このチャンスを逃さない様にしましょう!

もしかしたらこの記事を読んでいる今ももしかしたら大きく動いているかも…?アカウント作成は3分で済むため、いつでもコロナ市場を狙い撃ち出来るようにしておきましょう!

ハイローオーストラリアの関連記事をチェック!

HighLow.com(ハイローオーストラリア)
HighLow.com(ハイローオーストラリア)
ペイアウト2倍取引や翌日出金など選んで間違い無い優良業者!詳細情報や口座開設、本人確認、入金に関しては以下のボタンから参考にしてください!

業者詳細ページはこちら

カテゴリ:コラム


ハイローオーストラリアを使う人に見てもらいたいおすすめ記事

ハイローオーストラリアで勝つための攻略法がここにある!

 
今の為替の動きを管理人スミスが教えます

7月13日~7月17日はアメリカから「小売売上高」「消費者物価指数」の2大重要指標が発表されます。2つとも先月は良好な数字だっただけに今回の発表がそれに続くのか、落ちてしまうのかに注目です。

大きく動く可能性があるため取引を行う際はハイローオーストラリアの「短期スプレッド取引」を使っていきましょう!

  • 海外バイナリーオプション業者一覧

  • バイナリーオプション攻略最新記事

  • 運営者情報

    スミス

    ボリンジャースミス

    2013年よりバイナリー海外業者選びサポートサイトを運営しているスミスです。投資歴は10年です。
    皆さんの投資の手助けになれるよう、様々な角度からサポートしていきます。もっと私の事を知りたい方は下のリンクから確認できます。
    詳しいプロフィールを確認する

    Twitter
  • ザオプションが本気を出す!

    ザオプションバナー
  • 海外バイナリーオプションをサポート