バイナリー海外業者選びサポートサイト

海外バイナリーオプション業者の入出金・口座開設方法・ペイアウト倍率・取引内容などの特徴を比較して業者選びをサポートするサイト
      

クリスマス休暇時でもバイナリーオプションで勝つ!”アレ”を使えば勝てる!

2020-12-17

クリスマスのイメージ

日本にはあまり馴染みが無いですが、海外ではクリスマス前後に休みを取る風習があります。クリスマス以降は市場が世界中でクローズされるためこの休暇を境に取引納めをするトレーダーが増えます。

トレーダーが減る。すなわち為替相場の動きが小幅になる事を示します。その際の対策を事前に知っておく事でこのクリスマス休暇の時期もしっかりとした結果を出す事が出来るでしょう。

このページのメニュー
海外におけるクリスマス休暇について解説します
クリスマス休暇の対策としてボリンジャーバンドが最適です
狙い方の詳細を記載し解説
最大ペイアウト率2.30倍のハイローオーストラリアでしっかりと利益を出す!

クリスマス休暇とは

クリスマスの様子

クリスマス休暇とはイエス・キリストの生誕を祝う行事であるクリスマスにあやかり12月24日頃より連休を取って家族と過ごす期間の事を指します。

クリスマスイブやクリスマス当日が土日と重なった場合は「The day after Christmas」「The day before Christmas Eve」と銘打ってその前後も休みにします。なので殆どの場合4連休となる事が多いです。

正式な休みではないものの、殆どの方が有給休暇を充てる為替市場にも休日ムードが漂いレンジ相場になります。

クリスマス対策!ボリンジャーバンドが大活躍

ボリンジャーバンド

何故クリスマスの時期、日本は忙しいのに相場が動かないのかご理解頂けたかと思います。日本と違い有給休暇の消化率は物凄く高いらしいです。羨ましいですね…。

さてここからはそんな動かない相場、クリスマス時期の対策について見て行きます。結論から言えばレンジ相場と同じ対処法でボリンジャーバンドを使って逆張りが有効となります。

±2σを見て逆張りを行う

ボリンジャーバンド

レンジ相場の場合、為替の変動幅が少ないので残っているトレーダーは常に逆張りを意識して取引を行います。少しでもその要素があるとすぐにトレンドが転換します。

ボリンジャーバンドはバンドに触れるとトレンドが転換するというテクニカル分析ですが為替変動の強さに応じてバンドが拡張していく特徴があります。なので変動幅が小さいレンジ相場の場合、ボリンジャーバンドの幅も小さくなります。すなわち、トレンドが転換するタイミングが非常に多くなるという事です。

また、ボリンジャーバンドの中でも最も基準となっているのが「±2σ」なので我々バイナリートレーダーのそれに従って逆張り取引を行うのがポイントです。


ハイローオーストラリアなら年末年始も取引可能

ハイローオーストラリア

ところで、年末年始はどの業者で利益を出せばいいのか。それは最大ペイアウト率2.30倍のハイローオーストラリアでしょう。

2020年はクリスマス休暇を除き、12月30日まで取引が可能。年始は2021年1月4日から取引可能なので、ペイアウト率だけでなく、取引出来る期間も長いです。


ハイローオーストラリアの関連記事をチェック!

HighLow.com(ハイローオーストラリア)
HighLow.com(ハイローオーストラリア)
最短で翌日出金ができる人気の海外バイナリーオプション業者です。私も試してみましたが、事実でした!またペイアウト2.30倍取引もあり高利益を狙える。

業者詳細ページはこちら


カテゴリ:コラム


ハイローオーストラリアを使う人に見てもらいたいおすすめ記事

ハイローオーストラリアで勝つための攻略法がここにある!

  • 海外バイナリーオプション業者一覧

  • バイナリーオプション最新記事

  • 運営者情報

    スミス

    ボリンジャースミス

    2013年よりバイナリー海外業者選びサポートサイトを運営しているスミスです。投資歴は10年です。
    皆さんの投資の手助けになれるよう、様々な角度からサポートしていきます。もっと私の事を知りたい方は下のリンクから確認できます。
    詳しいプロフィールを確認する

    Twitter
  • ザオプションが本気を出す!

    ザオプションバナー
  • 海外バイナリーオプションをサポート