バイナリー海外業者選びサポートサイト

海外バイナリーオプション業者の入出金・口座開設方法・ペイアウト倍率・取引内容などの特徴を比較して業者選びをサポートするサイト
      

【決定版】バイナリーオプションで発生する税金と確定申告方法

バイナリーオプション取引で発生する税金について

バイナリーオプション取引で利益を得た場合、国内業者と海外業者では課税方式が違ってきます。

そもそもバイナリーオプションで得た利益とその他の収入の合計が20万円以上でなければ確定申告を行う義務は発生しませんが、所得が20万円をオーバーする方は所得が課税方式の種類を知って、確定申告をするときに困らないようにしましょう。

バイナリーオプション税金

国内業者との取引で得た利益は申告分離課税で計算されます。その一方で、海外業者との取引で得た利益は総合課税で計算されるのです。では、それぞれの違いを見ていきましょう。

バイナリーオプションの税金と確定申告
海外業者で得た利益は総合課税で計算
国内業者で得た利益は申告分離課税で計算
年間給与所得が330万円、BOの利益が23万円の場合
海外が圧倒的に得!
確定申告の方法は2つ!税務署かネットで

海外バイナリーオプションでかかる税金

海外業者との取引で得た利益は、総合課税で計算されます。 取引で得た利益を他の合計所得と足して、控除額を引いたものに課税するところが、申告分離課税と異なります。

合計所得によって異なる課税率が設定されており、2018年3月現在は以下のようになっています。

2018年の総合課税について
総合課税の計算方法
・(取引で得た利益 + 他の合計所得) × 所得に対する課税率 - 所得に対する控除額 = 合計の課税額

国内バイナリーオプションでかかる税金

国内業者との取引で得た利益は、申告分離課税で計算されます。 他の所得との合算はせずに、取引で得た利益に課税するのが申告分離課税です。

2018年3月現在、20.315% の課税率が定められています。

(内訳:所得税15% + 住民税5% + 復興特別所得税15% × 2.1% = 20.315%)

国税庁 先物取引に係る雑所得等の課税の特例を参考

申告分離課税の計算方法
・取引で得た利益 × 課税率(20.315%)= (A)
・所得の合計(取引で得た利益を除く) × 所得に対する課税率 - 所得に対する控除額 = (B)
・(A) + (B) = 合計の課税額

次に、申告分離課税と総合課税においての課税額の違いを比較します。

年収330万円のAさんがバイナリーオプション取引をすると・・・

【例:Aさんの年間給与所得が330万円、バイナリーオプション取引で得た利益が23万円の場合】 国内と海外のバイナリーオプションで、かかる税金がどう違うのか実際に計算して比較してみます。

国内バイナリーオプションを利用した場合にかかる税金
230,000(円) × 20.315(%) = 46,724(円)が取引で得た利益に対してかかる税金の額です。 また、他の合計所得である330万円には総合課税として計算されます。 3,30,000(円) × 10(%) – 97,500(円) = 232,500(円) が他の合計所得への課税額です。 計算より、46,724(円) + 232,500(円) = 279,224(円)が合計の課税額です。
海外バイナリーオプションを利用した場合にかかる税金
利益と他の合計所得を足したものは353万円になります。これに税率をかけたものから控除額を引いたものが、実際の課税額です。
計算により、3,530,000(円) × 20(%) – 427,500(円) = 278,500(円)が合計の課税額になります。

バイナリーオプションの利益や所得による税率で若干変わりますが、結局のところバイナリーオプションを国内で利用する場合も海外で利用する場合も大きな差はないことが分かります。 一定額の利益が発生した場合、確定申告の義務が発生することを忘れないでくださいね。

税金で比較すると結局どっちがお得?

年収によってどちらがお得か決まる!

・年間の給与所得とバイナリーオプションの合計利益が695万円以下の場合  海外バイナリーオプションがお得!

・バイナリーオプションのみでの年間合計利益が695万円以上の場合  国内バイナリーオプションがお得!

国内バイナリーオプションは皆さんのご存知の通り、規制が行われています。特に1日当たりの取引回数やペイアウト額が限定されており、結果的に利益を得ることが難しくなっています。

1日中ずっと国内バイナリーオプションで取引を行ったとしても、年間の合計利益が695万円以上になるのは難しいです。

国内と海外のバイナリーオプションで利益が出た場合の税金を比較してみると海外バイナリーオプションの方が税金は安くなりそうですね!

確定申告は税務署・e-Taxで

確定申告書の提出方法としては、税務署に行き確定申告書に記入し提出をする。またはインターネットの『e-Tax』を利用する方法もあります。

インターネットでも確定申告をする事が出来ますが、良く分からないという方は税務署に行くのが一番安心出来ますね。

イータックスHP画像

e-Taxであれば確定申告の行い方の手順やフローが記載されている為申告も行いやすいと思います。

今回はバイナリーオプションでの税金と確定申告についてご紹介しました。利益を出している方は是非参考にして下さいね。

 
  • 海外バイナリーオプション業者一覧

  • バイナリーオプション最新記事

  • 運営者情報

    スミス

    ボリンジャースミス

    2013年よりバイナリー海外業者選びサポートサイトを運営しているスミスです。投資歴は10年です。
    皆さんの投資の手助けになれるよう、様々な角度からサポートしていきます。もっと私の事を知りたい方は下のリンクから確認できます。
    詳しいプロフィールを確認する

    Twitter
  • ザオプションが本気を出す!

    ザオプションバナー
  • 海外バイナリーオプションをサポート