バイナリー海外業者選びサポートサイト

海外バイナリーオプション業者の入出金・口座開設方法・ペイアウト倍率・取引内容などの特徴を比較して業者選びをサポートするサイト

Opteck(オプテック)入金方法

※オプテックは2016年3月末に日本からの入金受付を終了し、サービス終了しました。新規での登録が行えないため、他の海外業者で取引を行ってください!

オプテックに替わるオススメ業者

HighLow.com(ハイローオーストラリア)

HighLow.com(ハイローオーストラリア)
最低入金額5,000円~となっており、取引コストが大幅に節約できる点が魅力です。また、ペイアウト率2倍の取引があるため、利益を重視される方も満足の海外業者です。

公式ページはこちら


Opteck(オプテック)入金方法

既に口座開設方法についての説明は済みましたが、口座を開設しただけでは取引はできません。 取引を行う為には、オプテックの口座に入金(送金)をしなければならないのです。

入金の方法は「クレジットカード」「電子マネー」「電信送金(銀行振込)」の3つ。 入金の方法によって手続きの方法が違ってくるため、それぞれの方法での手順を説明していきます。

まずはオプテックにログイン!

オプテック入金前のログイン
まだログイン状態でない場合は、オプテックのサイト最上部中央のフォームから「ログイン」を行って下さい。ログインには最初に口座開設を行った際の「EMAIL」と「パスワード」が必要になります。 ※忘れた場合は、口座開設時に届いた登録完了のメールを確認しましょう。
 

入金方法選択画面に移動する

オプテックの入出金ページへ

ログインが済んだら、右サイドバー中央の「ご入金」の項目をクリックすると以下の画面に進みます。

 
オプテック入金項目説明1

入金に必要な情報を入力するフォームです。 青枠で囲まれたところは、口座登録の際に入力した情報が自動補完されます。 ここでは、青枠以外の入力項目について説明します。

①携帯番号 任意の入力項目です。ハイフンなしの半角数字で携帯電話の番号を入力します。

②住所:郵便番号 ハイフンなしで半角数字を連続して入力して下さい。

③住所:都道府県 住んでいる都道府県を選択します。

④住所:区市町村・丁目番地 建物・マンション名(部屋番号) 住所を市区町村から、全角文字で入力します。

ここから希望の入金方法で入金手続きを進めていきます。 「クレジットカード」「電子マネー」「電信送金(銀行振込)」の3つの入金方法の中から選択して下さい。

各入金方法にジャンプします。ご希望の入金方法をクリックしてください。
  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • 電子マネー
 
オプテック入金方法 クレジットカード

クレジットカードで入金を行う場合、入金の手数料が無料であることに加えて、入金後口座に即時反映されるので、口座開設から時間をかけずに取引を行えます。

始めに利用するクレジットカードを準備し、以下の「クレジットカードで入金をする際の確認事項」をご確認下さい。

【オプテックでクレジットカード入金をする際の確認事項】

»クレジットカード会社がオプテックの入金に対応しているか?

(VISA, Mastercard, JCB, American Express)

»最低入金額以上の入金ができるか?
オプテックの最低入金額は25,000円~(通貨JPY日本円を指定した場合)

»クレジットカードの名義が本人のものか?
本人名義以外のクレジットカードでは取引をすることができません。

確認事項に目を通して問題がなければオプテックのクレジットカード入金手続きに入ります。

 

STEP1.入金に必要な情報を入力

オプテックのクレジットカード選択

お支払方法の項目から使用するクレジットカードのボタンを押し、画像に色がついていることを確認します。 ※ここでは色がついていることを分かりやすくするために、すべてのクレジットカードが選択された状態の画像を使用しています。

合計 入金額の合計を記入します。最低入金額は25,000円以上です。

カード番号 クレジットカードに記載されている16ケタのカード番号を入力します。

有効期限:月 クレジットカードに記載されている有効期限の月を選択します。

有効期限:西暦 クレジットカードに記載されている有効期限の西暦を選択します。

CVV クレジットカード裏面に記載されている3ケタの番号を入力します。 ※American Expressはカード番号の上に書いてある、4ケタの番号になります。

 

STEP2.残高を確認して取引開始!

オプテック口座残高
クレジットカードの場合の入金は即時反映されるので、オプテックのトップページに戻って残高を確認しましょう。 残高が増えているのが確認できれば取引ができる状態になっています!
【オプテックの手続き関連記事】

オプテックの業者詳細情報を見てみる! »オプテックの取引概要

口座開設まで最短3分!オプテックの口座開設にチャレンジ! »オプテックの口座開設

オプテックの出金方法で必ず理解しておくべき注意点! »オプテックの出金方法

▲入金方法選択へ

オプテック入金方法 電子マネー

入金を手軽に行うことのできる電子マネー(電子決済)が利用できるのも海外業者(オプテック)の魅力でもあります。 電子マネーの口座に事前に入金をする必要がありますが、クレジットカードと同様に入金時の手数料は無料となっています。

【オプテックで電子マネー入金をする際の確認事項】

»利用する電子マネーがオプテックの入金に対応しているか?
WebMoneyのみ対応しています。

»送金の準備ができているか?
オプテックの最低入金額は25,000円~(通貨JPY日本円を指定した場合)

WebMoneyの口座開設や利用方法等の詳細は以下のサイトをご覧ください。

オプテックの入金に対応した電子マネーのサイトは、WebMoneyは日本語非対応になっています。

ここでは日本にある既存サービスと混同しやすい海外のWebMoneyを利用した入金方法を紹介します。

 

WebMoneyの入金項目を選択

WebMoney(ウェブマネー)の入金項目選択画面
お支払方法の項目から「WebMoney」を選択して、画像に色がついていることを確認します。 合計の項目が出現するので入金額を入力し、送信ボタンを押します。 振込先に関する詳細情報が送られてきますので、後は指示に従って電子マネー入金を完了させて下さい。 ※オプテックの最低入金額が25,000円であることに注意して下さい。

電子マネーの場合はすぐに入金が反映されますので、オプテックのトップページに戻って残高を確認をしましょう。

※オプテックへの電子マネー送金手数料は基本無料ですが、電子マネー業者によっては口座に入金する際に手数料がかかる場合がありますので、電子マネー会社に事前に確認するのが確実です。

【オプテックの手続き関連記事】

オプテックの業者詳細情報を見てみる! »オプテックの取引概要

口座開設まで最短3分!オプテックの口座開設にチャレンジ! »オプテックの口座開設

オプテックの出金方法で必ず理解しておくべき注意点! »オプテックの出金方法

▲入金方法選択へ

オプテック入金方法 銀行振込(国内銀行振込)

オプテックの口座に銀行振込(国内銀行振込)を行う方法を紹介します。 他の海外業者ではクレジットカードや電子マネーとは違い、基本的に銀行振込は海外送金扱いになるので約2,500円の手数料がかかります。

しかしオプテックでは、楽天銀行やジャパンネット銀行への国内銀行振り込みに対応しており、銀行間の振込手数料のみで入金できます。 手数料に関して楽天銀行は無料ジャパンネット銀行は52円で振込できます。 さらに入金は翌日反映されますので、海外口座への入金に不安のある方はこの入金方法をおすすめします。

【オプテックに銀行振込(国内銀行振込)をする際の確認事項】

»振込の手数料をきちんと把握しているか?
オプテックの国内銀行振込では銀行間の振込手数料がかかる場合があります。

(楽天銀行:無料、ジャパンネット銀行:52円)

»送金の準備ができているか?
オプテックの最低入金額は銀行振込(国内銀行振込)の場合25,000円~(通貨JPY日本円を指定した場合)

»入金反映時間を理解しているか?
国内銀行振込を行った場合、オプテックの口座に入金金額が翌日反映されます。

国内銀行振込の条件を確認して、問題がなければ入金手続きを進めていきましょう。

 

銀行振込の入金項目を選択

銀行振込の入金項目選択画面
お支払方法の項目から「銀行振込」を選択して、画像に色がついていることを確認します。 合計の項目が出現するので入金額を入力し、送信ボタンを押します。 振込先に関する詳細情報が送られてきますので、後は指示に従って銀行振込を完了させて下さい。 ※オプテックの最低入金額が25,000円であることに注意して下さい。

数日後に入金が完了したかどうかをオプテックのトップページで確認しましょう。

【オプテックの手続き関連記事】

オプテックの業者詳細情報を見てみる! »オプテックの取引概要

口座開設まで最短3分!オプテックの口座開設にチャレンジ! »オプテックの口座開設

オプテックの出金方法で必ず理解しておくべき注意点! »オプテックの出金方法

▲入金方法選択へ


 
今の為替の動きを管理人スミスが教えます

8月10日~8月14日は為替変動の大きな生産者、消費者物価指数が発表されます。またその他大注目の小売売上高も発表と、極めて注目度が高い一週間となるでしょう。

大きく動く可能性があるため取引を行う際はハイローオーストラリアの「短期スプレッド取引」を使っていきましょう!

  • 海外バイナリーオプション業者一覧

  • バイナリーオプション攻略最新記事

  • 運営者情報

    スミス

    ボリンジャースミス

    2013年よりバイナリー海外業者選びサポートサイトを運営しているスミスです。投資歴は10年です。
    皆さんの投資の手助けになれるよう、様々な角度からサポートしていきます。もっと私の事を知りたい方は下のリンクから確認できます。
    詳しいプロフィールを確認する

    Twitter
  • ザオプションが本気を出す!

    ザオプションバナー
  • 海外バイナリーオプションをサポート