バイナリー海外業者選びサポートサイト

海外バイナリーオプション業者の入出金・口座開設方法・ペイアウト倍率・取引内容などの特徴を比較して業者選びをサポートするサイト

イギリスがEUを離脱すると日本が儲からない!

2016-6-13

2016年6月23日、ヨーロッパにとっては1種の節目といえるイベントが起こります。その日はイギリスでEU離脱の是非を問う国民投票が行われ、その結果次第ではバイナリーオプションなどの為替取引に大きな影響を与えることとなりそうです。

果たして、イギリスのEU離脱が取引に与える影響とは、いったい何でしょうか?

イギリスのEU離脱でさらに大幅な円高に!

アメリカの5月雇用統計が下回った影響で、円高に動いたことは記憶に新しいと思います。利上げ期待の上昇から実際の雇用統計発表まで、5円という値幅で一気に円高へ動いたのです。

イギリスがEU離脱の是非を問う国民投票開始

ここで、イギリスがEUを離脱したときに起こりそうなシナリオを挙げてみましょう。

イギリスのEU離脱で起こりそうなこと!
①ロンドン市場の価値が低下する
②英国ポンド、ユーロの価値が低下する
③ポンドやユーロを売ってリスクの低い円を買おう!

これらの話から明らかですが、またしても急激な円高が起こりうる可能性が高まりつつあるのです。

これらの理由の他にもロンドンに進出している日本企業が撤退するですとか、ポンド安・ユーロ安によりヨーロッパ向けの輸出が落ち込みこともあり得ます。

つまり日本が儲からない

要するに円安方向への推移で、デフレ脱却を狙うアベノミクス路線と反する流れが起こりうるわけなのです。上にも例を挙げた通りで、急激な円高は日本が損をすることは間違いありません。

つまり、イギリスのEU離脱は間接的に見て日本に良い影響を与えない。つまり、日本が儲からない!

6月後半は円高が進む条件が増えるかもしれない

6月頭には、アメリカの6月中の利上げの可能性がなくなって円高に進む理由が1つ増えたところでした。もし、イギリスがEUから離脱することになれば、さらに円高の条件が整ってしまうというわけです。

日本円に対して低(LOW)の方向に投資を行うのが6月末のバイナリーオプション投資での勝利条件となるでしょう。

今回の予想を活用して利益を上げるならば、ペイアウト率2倍の取引を提供しているハイローオーストラリアがおすすめです。

カテゴリ:コラム


  • 海外バイナリーオプション業者一覧

  • バイナリーオプション攻略最新記事

  • 運営者情報

    スミス

    ボリンジャースミス

    2013年よりバイナリー海外業者選びサポートサイトを運営しているスミスです。投資歴は10年です。
    皆さんの投資の手助けになれるよう、様々な角度からサポートしていきます。もっと私の事を知りたい方は下のリンクから確認できます。
    詳しいプロフィールを確認する

    Twitter
  • ザオプションが本気を出す!

    ザオプションバナー
  • 海外バイナリーオプションをサポート