バイナリー海外業者選びサポートサイト

海外バイナリーオプション業者の入出金・口座開設方法・ペイアウト倍率・取引内容などの特徴を比較して業者選びをサポートするサイト

8/28~9/1版!今週の取引狙い目はここ!雇用統計の発表を控える

2017-8-25

8月も最後の週になり、9月に入ろうとしていますね♪今週(8月28日~9月1日)は注目度が高い米(アメリカ)の指標が数多く、週間で見ると米ドル円(USD/JPY)相場に動きが多くなるかと予想しています!

経済指標をチェックする事で、為替が動くタイミングが分かり取引する時の狙い目となるので、経済指標は要チェックです!8月5週目は特に『米・雇用統計』など注目度が非常に高い経済指標があります。ではさっそく紹介していきましょう。

この記事の目次
消費者マインドを調査することで消費動向が分かる?
GDP(改定値)は速報値と比べて変化しているか?
個人の所得と消費からアメリカの景況を知る事ができる!
最重要!雇用統計の発表によって相場は大きく変動する!

29日(火)の米・CB消費者信頼感指数で消費動向が分かる?

「米・CB消費者信頼感指数」は8月29日(月)午後11時に発表されます。アメリカの全米産業審議委員会(カンファレンスボード)が発表する経済指標となっており、消費者マインドを調査する経済指標です。消費者マインドとは、消費者の購買意欲や経済状況に対しての感覚の事を言います。

米・CB消費者信頼感指数は、アメリカの消費者5,000人を対象に行われ、現在の消費動向や雇用、給与などに関する項目と半年後の景況感についてアンケート調査が行われるものです!つまりは消費者の意見を反映させているため、リアルなアメリカの景況感を知ることができます♪

1985年を「100」として比較し、前回7月の発表は「121.1」です。今回の予想値は「119.0」となっています。米・CB消費者信頼感指数を受けての為替相場の動きは、基本的に前回の数値、予想値よりも上がった場合に米ドル買いに繋がり「米ドル円(USD/JPY)相場」でHighの方向に動く可能性が高いです。悪ければもちろんドル売りになりLow方向へ動きます。

8月29日(火)午後11時の発表となるため、USD/JPYなど米ドルに関わる相場に注目して取引してみてください♪


30日(水)の米・四半期GDP(改定値)で米ドルが買われる?

「米・四半期GDP(改定値)」は8月30日(金)21:30に発表されます。「米・四半期GDP(改定値)」とは米商務省経済分析局が発表するもので、その名の通りアメリカのGDP(国内総生産)の発表です。

国内総生産というのは、簡単に言うと「アメリカで生産した物をアメリカで消費してアメリカでどの位稼げたのか」というものですね。国内総生産(GDP)によってアメリカの全体的な景況を測る事ができ、こちらも非常に重要度の高い指標となっています。

前月、発表された「速報値」から1ヶ月後に発表されるのが今回の「改定値」です。こちらの改定値を経て来月の「確定値」が発表となります。前回の速報値と比較して数字がどう変化するかが注目ポイントです!発表される数値はパーセント(%)で発表となり、上がっていれば「○%」、逆に下がっていれば「ー○%」との発表になります。

8月30日(水)午後9時30分の発表となり、米ドル(USD)が売買される時間帯なのでUSD/JPY相場に注目しておくと動きがあるでしょう。


31日(木)の米・個人所得、個人支出で景況が分かる!

「米・個人所得,個人支出」は8月31日(木)午後9時30分に発表です。米・個人所得とは給料や家賃収入、配当などの所得から社会保険料を除いた「実際に個人が受け取った所得」を表しています。また、個人支出は個人が耐久財(家や車など)、非耐久財(食料など)、サービス支出(旅行、外食など)の3つから構成されており、「実際に個人が行った支出」が発表。

簡単に言うと、「米・個人所得、個人支出」を見ることによって個人の給与や支出などが分かりアメリカの景況を知る事が可能。

景況が良いと判断されればアメリカの通貨でもある米ドル(USD)が買われる傾向があります!つまりはドル高円安になるため、ドル円相場(USD/JPY)でHighに動く可能性が高いです♪もちろん、発表される数値が悪ければ逆にLowの方向に動くという事になります。

発表される数値は「前月比」となるので、「0.1」や「0.4」などで発表されます。このようにプラスで発表された場合は、前月と比べて上がっているということです。その逆で前月と比べて下がっていれば「-0.1」などで発表されます。

8月31日(木)午後9時30分の発表となるため、USD/JPYなど米ドルに関わる相場に注目して取引してみてください♪


9月1日(金)の米・雇用統計で米ドル相場は大荒れ!?

「米・雇用統計」は9月1日(金)午後9時30分に発表となっています。米・雇用統計と言っても、約10項目ほど発表となりますが、その中でも特に「非農業部門雇用者数」「失業率」が要チェックです。

アメリカで発表される経済指標の中でもナンバー1に注目度が高いといっても過言ではありません!この「雇用統計」の結果次第で相場は大きく変動する可能性が非常に高いです。過去の傾向からいくと、USD/JPYなど米ドルに関連する通貨ペアに影響があり、発表前後は相場が大きく動きます!

今週発表される経済指標の中でも圧倒的に注目度は高いです。発表は9月1日(金)午後9時30分なのでそれまでにバイナリーオプションで取引ができる準備をしておくのはいかがでしょうか?

ここまで紹介してきたこの週の経済指標の中では1番注目度が高いです♪

カテゴリ:コラム


  • 海外バイナリーオプション業者一覧

  • バイナリーオプション攻略最新記事

  • 運営者情報

    スミス

    ボリンジャースミス

    2013年よりバイナリー海外業者選びサポートサイトを運営しているスミスです。投資歴は10年です。
    皆さんの投資の手助けになれるよう、様々な角度からサポートしていきます。もっと私の事を知りたい方は下のリンクから確認できます。
    詳しいプロフィールを確認する

    Twitter
  • ザオプションが本気を出す!

    ザオプションバナー
  • 海外バイナリーオプションをサポート