バイナリー海外業者選びサポートサイト

海外バイナリーオプション業者の入出金・口座開設方法・ペイアウト倍率・取引内容などの特徴を比較して業者選びをサポートするサイト

7月9日~13日は木曜日までが勝負!?狙い目は少ないが狙いやすい週となります

2018-7-9

こんばんはボリンジャースミスです♪

今週7月2週目の経済指標ですが、アメリカからも大きな発表は無く比較的静かな週となります。

だからこそ!というのも変な話ですが、この様な状況の場合は1つの経済指標で大きく値が跳ね上がる事もあります。

今週は4つに絞ってその可能性のある経済指標を見ていきたいと思います。それでは早速行きましょう!

7月9日~7月13日の注目の経済指標
注目度:★★★★
注目度:★★★★
注目度:★★★★
注目度:★★★

7月10日:ドイツ・ZEW景況感指数

民間調査会社「ZEW」がまとめた経済指標です。ドイツを含むユーロ圏全体にの景況感が発表されます。

前回の発表値と今回の予測値

前回発表値:-16.1 予測値: 前回発表時変動:-2.3pips

前回の発表後のユーロ円相場の値動きはコチラ

前回の独・ZEW景況感指数

これまではプラス圏を推移していた同指標ですが4月・5月・6月と3ヶ月連続でマイナスの結果となっています。

そのため再びプラス圏への戻ってこれるかが焦点となりますね。

ドイツ経済はユーロ圏の中核であり屋台骨でもあります。ドイツ経済が崩れると欧州は全体的にダメージを負いますし当然世界的にもマイナス効果しかありません。

更に言えばドイツはメルケル首相の求心力が低下しており政治が不安定化しやすくなっています。

欧州の結束が乱れる原因にもなりそうで、政治面からの経済面への悪影響が懸念されている場面と言えます。

また同じタイミングではユーロ県全体に関するZEWの調査結果も公表されます。

内容によってはユーロが大きく売られる可能性がありますね。特に今週はアメリカを含む大きな経済指標が無いので通常よりも影響を与える可能性が高いですよ。

発表値プラス圏 EUR/JPY=HIGH

発表値マイナス圏 EUR/JPY=LOW

この様に狙って行きましょう。大きく動く可能性が有りますよ!

7月11日:日本・機械受注

日本の設備投資に関する先行指標で企業がどのような景気見通しを持っているかを知る事が出来ます。

前回の発表値と今回の予測値

前回発表値:10.1%・9.6% 予測値: 前回発表時変動:+5.9pips

前回発表後の米ドル円相場の値動きはコチラ

前回の日・機械受注

日本の景気の伸びもやや頭打ち感が出ていますが、実際に各企業がどのような景気見通しを持っているかを知るのは非常に重要な点ですね。

日本の場合、「景気が良い=円高」ではありません。逆で、リスクマネーが多く出回る事で円は売られる傾向が強くなります。

前回は10.1ポイントと非常に強い結果となりましたが、連続して10ポイントを上回る結果となると更に円が売られやすい状況となると考えられます。

ここでのサプライズは15ポイント以上。逆にマイナス10を下回るとネガティブサプライズとして受け取られる可能性が高くなります。

比較的値動きが読みやすい指標なので、朝の時間に余裕がある方は挑戦してみてはいかがでしょうか?

発表値5ポイント以下 USD/JPY=HIGH

発表値10ポイント以上 USD/JPY=LOW

7月12日:アメリカ・消費者物価指数

米国のインフレ具合を知るための重要指標でFRBの金融政策にも大きな影響を与えます。

前回の発表値と今回の予測値

前回発表値:0.2% 予測値:0.2% 前回発表時変動:-7.3pips

前回発表後のドル円相場の動きはコチラ

前回の米・消費者物価指数

アメリカの消費者物価指数は長期的にみると右肩上がりなのですがここ最近はあまり伸びておらず、追加利上げの時期についてはやや不透明な状況と考えられています。

その為今回の消費者物価指数は0.5ポイント以上の伸びがあれば素直に米国買いとして評価されるでしょう。

それ以下の場合はあまり市場への影響は低く、取引しないのが無難です。

しかし-0.3ポイント以下まで低いと今度は米ドルの失望売りが出る可能性が高いのでその場合はLOWで取引を行いましょう。

発表値0.5ポイント以上 USD/JPY=HIGH

発表値-0.3ポイント以下 USD/JPY=LOW

7月13日:アメリカ・ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)

ミシガン大学から発表される消費者に対する景況感のアンケート結果です。速報値は300人を対象としたものとなります。

前回の発表値と今回の予測値

前回発表値: 予測値: 前回発表時変動:-5.1pips

前回の発表後の米ドル円相場の値動きはコチラ

前回の米・ミシガン大学消費者信頼感指数

今週最後の経済指標がこのミシガン大学消費者信頼感指数の速報値になります。

確報値よりもブレが大きく相場に対する影響も大きくなる傾向がありますが、今回は週の締めということもあり内容に関わらずトレーダーのポジションクローズの役目として利用されそうですね。

あまり大きな期待は出来ませんが値動きが起きれば順張りだけで攻略し易い取引となる為一応は狙って行きたいですね。

次週7月第3週は中国やアメリカから重要指標が連発されますので資金を温存しておいても良いかもしれません。あまり無理しない様にしましょう。

経済指標の発表を狙って取引するなら高ペイアウト率取引で順張り!

要人発言や経済指標の発表などを狙って取引をする場合は、為替が動いている方向に沿ってエントリーする順張りが適しています!その理由としては、発表された内容や数値によって為替相場はHighかLowのどちらか一方に動く可能性が高いため、素直に順張り取引をした方が勝率が高くなるでしょう♪

更に言えば、値動きがあまり無い相場の時には敬遠しがちな『スプレッド取引』でも充分に勝ちやすくなります。ハイローオーストラリアのようなペイアウト率2倍取引のある『スプレッド取引』で短期で狙ってみる事がおすすめです!では、実際にハイローオーストラリアで取引の流れをみていきましょう♪

ハイローオーストラリア取引画面

まずはで取引方法を選択していきましょう。先程も言ったようにペイアウト2倍の短期取引『Turboスプレッド』をおすすめします。で判定時間を選択し、で銘柄の決定です。今回の米ドル相場を狙うのであれば、取引時間は1分・3分、取引銘柄は『USD/JPY』『EUR/USD』などを選択しましょう♪

ハイローオーストラリア取引画面

後はで投資金額を選択して、で方向を選択し購入をします!そして大事なエントリーする方向ですが、動いている方向に沿ってエントリーをする『順張り』が適しています。経済指標の発表時や要人発言のタイミングでは為替はしばらく一定方向に動きやすいのでそこを狙ってみましょう♪

取引の流れと狙い目は以上となります。ハイローオーストラリアでは登録不要で試せる『デモ取引』も提供しているのでぜひシミュレーションしてみてください!


ハイローオーストラリアの関連記事をチェック!

HighLow.com(ハイローオーストラリア)
HighLow.com(ハイローオーストラリア)
最短で翌日出金ができる人気の海外バイナリーオプション業者です。私も試してみましたが、事実でした!またペイアウト2.30倍取引もあり高利益を狙える。

業者詳細ページはこちら


カテゴリ:コラム


  • 海外バイナリーオプション業者一覧

  • バイナリーオプション攻略最新記事

  • 運営者情報

    スミス

    ボリンジャースミス

    2013年よりバイナリー海外業者選びサポートサイトを運営しているスミスです。投資歴は10年です。
    皆さんの投資の手助けになれるよう、様々な角度からサポートしていきます。もっと私の事を知りたい方は下のリンクから確認できます。
    詳しいプロフィールを確認する

    Twitter
  • ザオプションが本気を出す!

    ザオプションバナー
  • 海外バイナリーオプションをサポート