バイナリー海外業者選びサポートサイト

海外バイナリーオプション業者の入出金・口座開設方法・ペイアウト倍率・取引内容などの特徴を比較して業者選びをサポートするサイト

短時間で利益を倍にするのも夢じゃない!稼ぎやすいのはこの業者!

ハイローオーストラリア

2019年12月も新規口座開設数No.1達成中!ハイローオーストラリア

  • ペイアウト2.20倍取引で稼げるスピードが圧倒的!稼ぐなら間違い無くここ
    最短で翌日に出金できる!当サイトでも実際に確認済み!検証記事はこちら
年末年始の業者対応について
要チェックバイナリーオプション業者のスケジュール!

12月2日~6日の経済指標まとめ!今年最後の重要指標ラッシュとなるので参戦した方が良い!

2019-11-28

こんにちはボリンジャースミスです。次週はいよいよ1年の最後12月に入りますね。例年、12月も終わりに近づくにつれ為替市場の動きが少なくなるレンジ相場になりますのでこういった一つ一つの経済指標が大きな意味を持ってきます。見逃さずに是非取引していきましょうね!

それでは次週12月1週目の経済指標の狙い目について考察していきます。

次週は月初め恒例の雇用統計を含むアメリカから重要指標ラッシュとなります。発表時間も夜から深夜にかけてが多いため取引も行いやすく、数値に従った為替変動を起こしやすいので指標の事前情報を頭に入れて置けば勝てる事間違いなし!

このチャンスを逃さないためにも是非ハイローオーストラリアで取引しましょう!その際はペイアウト率2.0倍のハイロースプレッド取引がオススメです。

それでは経済指標を見ていきましょう!

12月2日~12月6日の注目の経済指標
発表時間:00時00分 期待度:★★★★★
発表時間:22時15分 期待度:★★★★★
発表時間:00時00分 期待度:★★★★★
発表時間:22時30分 期待度:★★★★★★
発表時間:00時00分 期待度:★★★

12月3日:アメリカ・ISM製造業景気指数 11月

米国供給管理協会から発表される重要指標で製造業の景況感を示してくれます。景気転換の先行指標として利用されるので為替変動が起きやすく最近では大きめのイベントとしても注目されます。

前回の発表値と今回の予測値

前回発表値:48.3
今回予測値:50.1
前回発表時変動:+6.0pips

前回発表後の米ドル円1分チャートの動きはコチラ

アメリカ・ISM製造業景気指数

<狙い目の解説>

ISM製造業景気指数は50を基準に景況感を計る事が出来る指標です。今年の7月までは2年以上50を上回り続けていたのですが直近では3ヵ月連続で50を下回っています。その影響で発表のたびに大きく下落する形となりました。

そんな中今回は50.1というポジティブな予想となっています。予想通り、あるいはそれ以上の発表だった場合間違いなくドル買いの要因となるでしょう。当週注目したい経済指標です。


発表値50.1以上 USD/JPY=HIGH

発表値49.9以下 USD/JPY=LOW


12月4日:アメリカ・ADP雇用者数 11月

民間の給与計算会社が発表するアメリカの雇用状況に関する経済指標で、週末に発表される雇用統計の参考値として扱われます。

前回の発表値と今回の予測値

前回発表値:12.5万人
今回予測値:-
前回発表時変動:-0.4pips

前回発表後の米ドル円1分チャートの動きはコチラ

アメリカ・ADP雇用者数

<狙い目の解説>

雇用統計の参考値として扱われる指標なので為替変動は大きくなる傾向があります。

前回は12.5万人と言う発表で、プラスではあるものの予想値とは大きく差が無かったため為替は雇用統計の警戒から一旦の下落となりました。現段階では予想数値は出ていませんがおおよそ11万人~13万人での発表ではないかと思います。

この数値を超えた場合は順張りにて取引していくことがベターかと思われます。


発表値13万人以上 USD/JPY=HIGH

発表値11万人以下 USD/JPY=LOW


12月4日:アメリカ・ISM非製造業景気指数 11月

米国供給管理公社の発表する重要経済指標で非製造業における景況感の調査結果です。注目度も非常に高く、必ず狙いたい指標のひとつです。

前回の発表値と今回の予測値

前回発表値:54.7
今回予測値:54.5
前回発表時変動:+10.2pips

前回発表後の米ドル円1分チャートの動きはコチラ

アメリカ・ISM非製造業景気指数

<狙い目の解説>

基本的には週頭に発表されるISM非製造業景気指数と同じ見方で、50を基準に景況感を計る指標です。1年前までは60あった同指標ですがそこからジワジワと数値を落としながら推移しています。

しかしそれでもアメリカの重要指標の中では唯一良好な結果が続いている指標です。

特に「ISM非製造業景気指数」が直近では50を割り続け、大幅下落の要因ともなっているためこの指標への期待が大きくなっているというのはあります。

ですので50を割ると相当の下落は間違いなしです。しかし現実的には今すぐ50を割る事はまず無いでしょう。「近いうちに50を割るかもしれない」という危機感から相場が動くことは十分に有り得ます。52を下回るとその思いは強く浸透すると予想しています。

逆に55.0以上まで水準を戻す事が出来ればポジティブサプライズとして大きく上昇する事間違いなしですね。


発表値55.0以上 USD/JPY=HIGH

発表値52.0以下 USD/JPY=LOW


12月6日:アメリカ・雇用統計 11月

アメリカ経済指標の中でも最も重要な指標で、アメリカの労働者の増減や失業率が発表されます。

前回の発表値と今回の予測値

前回発表値:12.8万人(雇用者数)・3.5%(失業率)
今回予測値:18.8万人(雇用者数)・3.6%(失業率)
前回発表時変動:+22.1pips

前回発表後の米ドル円1分チャートの動きはコチラ

前回のアメリカ・雇用統計

<狙い目の解説>

前回は雇用者数8.5万人という予想に対し12.8万人と大きく超えてきたためポジティブサプライズとなり大幅上昇しました。

今回は更に多い18.8万人が予想数値となっており明るい見通しです。そのため予想数値通りの発表でも大きくドル買い方向に伸びるのは間違いないでしょう。

また失業率に関しては3.5%まで低下するとかなりポジティブな反応となるでしょう。逆に3.7%まで上昇すると失望売りでLOW方向に大きく動くと思われます。この様に色々予想を建てますが雇用統計時の為替は思わぬ方向へと伸びる事も多いので、素直に30秒順張りというのが有効になるでしょう。


発表値雇用者数20万人以上・失業率3.5%以下 USD/JPY=HIGH

発表値雇用者数14万人以下・失業率3.7%以上 USD/JPY=LOW


12月7日:アメリカ・ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値) 12月

ミシガン大学が実施する消費者アンケートの取りまとめ結果です。速報値は300人が対象となります。数値のブレは大きいものの為替変動の要因になる指標です。

前回の発表値と今回の予測値

前回発表値:-
今回予測値:-
前回発表時変動:+2.3pips

前回発表後の米ドル円1分チャートの動きはコチラ

アメリカ・ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)

<狙い目の解説>

100を天井に伸びが鈍化している同指標で、5月分に100を超えて以降は90ポイント近くまで落ち込むケースもあり、やや不安視されている指標です。

当然ですがサプライズは100ポイント以上の結果です。逆に90を割る場合は週末要因含めてかなり大きな米ドル売りの材料として扱われる可能性が高くなります。

数値を見る事で判断できる指標なので是非取引を行っていきましょう。


発表値100ポイント以上 USD/JPY=HIGH

発表値90ポイント以下 USD/JPY=LOW


経済指標の発表を狙って取引するなら高ペイアウト率取引で順張り!

要人発言や経済指標の発表などを狙って取引をする場合は、為替が動いている方向に沿ってエントリーする順張りが適しています!その理由としては、発表された内容や数値によって為替相場はHighかLowのどちらか一方に動く可能性が高いため、素直に順張り取引をした方が勝率が高くなるでしょう♪

更に言えば、値動きがあまり無い相場の時には敬遠しがちな『スプレッド取引』でも充分に勝ちやすくなります。ハイローオーストラリアのようなペイアウト率2倍取引のある『スプレッド取引』で短期で狙ってみる事がおすすめです!では、実際にハイローオーストラリアで取引の流れをみていきましょう♪

ハイローオーストラリア取引画面

まずはで取引方法を選択していきましょう。先程も言ったようにペイアウト2倍の短期取引『Turboスプレッド』をおすすめします。で判定時間を選択し、で銘柄の決定です。今回の米ドル相場を狙うのであれば、取引時間は1分・3分、取引銘柄は『USD/JPY』『EUR/USD』などを選択しましょう♪

ハイローオーストラリア取引画面

後はで投資金額を選択して、で方向を選択し購入をします!そして大事なエントリーする方向ですが、動いている方向に沿ってエントリーをする『順張り』が適しています。経済指標の発表時や要人発言のタイミングでは為替はしばらく一定方向に動きやすいのでそこを狙ってみましょう♪

取引の流れと狙い目は以上となります。ハイローオーストラリアでは登録不要で試せる『デモ取引』も提供しているのでぜひシミュレーションしてみてください!


ハイローオーストラリアの関連記事をチェック!

HighLow Australia(ハイローオーストラリア)

HighLow Australia(ハイローオーストラリア)
最短で翌日出金ができる人気の海外バイナリーオプション業者です。私も試してみましたが、事実でした!またペイアウト2倍取引もあり高利益を狙える。

業者詳細ページはこちら


カテゴリ:コラム



バイナリーオプションを比較海外バイナリーオプション業者を各項目ごとに分かりやすく比較しました!


今週使える!為替予想!


kouryaku

業者選びに迷ったらこの海外業者を選択しよう!

取引初心者でも簡単に勝つための取引ツールを提供中!

初心者でも簡単に使える
オートチャーティストの予想した方向に取引するだけ!
取引で楽に勝てる
予想困難な場面でもオートチャーティストが方向を示してくれる!

ここが使える!オススメの海外バイナリーオプション業者ランキング

1HighLow Australia(ハイローオーストラリア)

ハイローオーストラリア

ここがオススメ!ハイローターボスプレッドがペイアウト2.20倍で稼ぎやすい!

ユーザーの92%が高評価
収支合計¥1,361,908

2the option(ザオプション)

ザオプション

ここがオススメ!専用のデスクトップアプリで誰でも分析可能!キャンペーンも豊富!

ユーザーの90%が高評価
収支合計¥41,880

3FivestarsMarkets(ファイブスターズマーケッツ)

FivestarsMarkets

ここがオススメ!土日祝日もバイナリー取引可能!同値引分けでも返金される!

ユーザーの89%が高評価
収支合計¥138,595

4TRADE200(トレード200)

TRADE200

ここがオススメ!ローソク足完備!更に経済指標も見れる!!

ユーザーの87%が高評価
収支合計¥170,000

5SONICOPTION(ソニックオプション)

ソニックオプション

ここがオススメ!最高ペイアウト率2.02倍!勝率50%でも黒字に!

ユーザーの86%が高評価
収支合計¥153,200
  • 海外バイナリーオプションをサポート

  • 海外バイナリーオプション業者一覧

    ボリンジャー・スミスの攻略体験ブログ
  • バイナリーオプション攻略最新記事

  • 運営者情報

    スミス

    ボリンジャースミス

    2013年よりバイナリー海外業者選びサポートサイトを運営しているスミスです。投資歴10年になります。皆さんの投資の手助けになれるよう、様々な角度からサポートしていきます。もっと私の事を知りたい方は下のリンクから確認できます。
    詳しいプロフィールを確認する

    Twitter

  • ザオプションが今アツい!

    ザオプションバナー