バイナリー海外業者選びサポートサイト

海外バイナリーオプション業者の入出金・口座開設方法・ペイアウト倍率・取引内容などの特徴を比較して業者選びをサポートするサイト

短時間で利益を倍にするのも夢じゃない!稼ぎやすいのはこの業者!

ハイローオーストラリア

2019年11月も新規口座開設数No.1達成中!ハイローオーストラリア

  • ペイアウト2.20倍取引で稼げるスピードが圧倒的!稼ぐなら間違い無くここ
    最短で翌日に出金できる!当サイトでも実際に確認済み!検証記事はこちら
ハイローオーストラリアが熱い!
期間限定ペイアウト率が2.20倍にアップ!見逃すな!

10月28日~11月1日の経済指標まとめ!アメリカ3大経済指標が1週間に集結

2019-10-24

こんにちはボリンジャースミスです。今日は次週の経済指標についてまとめていくのですが…ちょっと大変な事になっています。

次週10月5週目の経済指標の狙い目は過去最高に多く、正直まとめきれないほどに。まずは為替変動の常連であるFOMC、実質GDPの速報値が発表となります。

そのタイミングで金曜日に月が変わるので雇用統計の発表が入ります。雇用統計が入る事でADPが入ってくるという入り乱れる形になります。また前回大きく動いたISM製造業景気指数で週を締めるという、これでもかと言うくらい重要指標を詰め込んできています。

アメリカ重要3大経済指標である「雇用統計・FOMC・GDP」が同じ週に集まるというのはほぼ無いでしょう。

このチャンスを逃さないためにも是非ハイローオーストラリアで取引しましょう!ペイアウト率2.20倍のスプレッド取引で勝ちやすいです。

それでは経済指標を見ていきましょう!

10月28日~11月1日の注目の経済指標
発表時間:23時00分 期待度:★★★★
発表時間:21時15分 期待度:★★★★★
発表時間:21時30分 期待度:★★★★★
発表時間:03時00分 期待度:★★★★★
発表時間:21時30分 期待度:★★★★★★
発表時間:23時00分 期待度:★★★★★★

アメリカ・中古住宅販売成約指数 09月

契約済みで未引き渡しの物件の数をまとめたものです。販売件数の前段階の指標として高い価値があります。

前回の発表値と今回の予測値

前回発表値:1.6%
今回予測値:1.0%
前回発表時変動:-3.8pips

前回発表後の米ドル円1分チャートの動きはコチラ

アメリカ・中古住宅販売成約指数

<狙い目の解説>

中古住宅販売件数に隠れがちな指標ですが、「成約指数」というところで先行性の高い経済指標となります。それだけにサプライズがあると為替変動は大きくなるので注目です。

前々回が2%を超えていたため前回の1.6%の結果では反応されなかった同指標です。今回はそれよりも更に低い1.0%の予想となっているため、弱い結果でも動かない可能性があります。

そのため前回発表値を超える結果となれば市場の予想を裏切る形になるので上昇方向にサプライズが起きます。逆にマイナス圏まで落ちてしまうと流石にネガティブにならざるを得ないでしょう。


発表値2.0%以上 USD/JPY=HIGH

発表値0.0%以下 USD/JPY=LOW


10月30日:アメリカ・ADP雇用者数 10月

民間の給与計算会社が発表するアメリカの雇用状況に関する経済指標で週末に発表される雇用統計の参考値として扱われます。

前回の発表値と今回の予測値

前回発表値:13.5万人
今回予測値:13.2万人
前回発表時変動:+5.0pips

前回発表後の米ドル円1分チャートの動きはコチラ

アメリカ・ADP雇用者数 10月

<狙い目の解説>

雇用統計の発表を予想するための参考地として扱われるため為替変動は大きくなりやすい指標です。

前回は13.5万人と言う数字でほぼほぼ予想通りとなり為替変動は起きなかったですね。今回も現段階で13.2万人と変化がないため、予想通りの結果では為替変動はないと見て間違いないです。

±2万人を超えれば上伸するのではないかと予想します。

想定外の発表も多いため数値にはアンテナを張り、発表された方向へ順張りを掛けていくスタイルがベストでしょう。


発表値15万人以上 USD/JPY=HIGH

発表値11万人以下 USD/JPY=LOW


10月30日:アメリカ・実質GDP(速報値) 第3四半期

FOMCや雇用統計と並んで注目度が高い重要経済指標の一つです。アメリカの経済規模を知る事が出来ます。

前回の発表値と今回の予測値

前回発表値:2.0%
予測値:1.5%
前回発表時変動:+6.2pips

前回発表後の米ドル円5分チャートの動きはコチラ

アメリカ・実質GDP(速報値) 第2四半期

<狙い目の解説>

雇用統計やFRB政策金利発表とならぶビッグイベントであるGDPですが同じ週での発表となります。

GDPは前々回は1.2%と予想を下回った影響で大きく下降しましたが前回2.0%と大きく数値を戻しました。そのため今回は反動減の予想となっています。

ただし速報値なので思いもよらぬ発表でサプライズ…という事もあるため数値には敏感になりましょう。2.0%を超えた場合はポジティブサプライズ、1.0%を下回ったらネガティブサプライズとして捉えられるでしょう。


発表値2.0%以上 USD/JPY=HIGH

発表値1.0%以下 USD/JPY=LOW


10月31日:アメリカ・FRB政策金利(FOMC) 10月

連邦公開市場委員会の決定するアメリカの政策金利が発表されます。

前回の発表値と今回の予測値

前回発表値:上限金利:2.00% 下限金利:1.75%
今回予測値:上限金利:2.00% 下限金利:1.75%
前回発表時変動:+6.6pips

前回発表後の米ドル円1分チャートの動きはコチラ

前回のアメリカ・FRB政策金利(FOMC)

<狙い目の解説>

現在のアメリカは景気後退が懸念されていますので利上げはほぼ間違いなくありません。また前々回で利下げを行っており追加の利下げも考えにくい事から今回の発表で何か動いてくるという事は無いと思います。

なので注目すべき点としては“今後の利下げ・利上げ”の見通しがどうなっているのかというところですね。

夜中の発表で少々きつい時間ですが、サプライズがある場合は極めて大きく為替変動を起こすのでしっかりとチェックしておきましょう。


発表値1.75%~2.00% USD/JPY=


11月1日:アメリカ・雇用統計 10月

アメリカ経済指標の中でも最も重要な指標で、アメリカの労働者の増減や失業率が発表されます。

前回の発表値と今回の予測値

前回発表値:13.6万人(雇用者数)・3.5%(失業率)
予測値:10.3万人万人(雇用者数)・3.6%(失業率)
前回発表時変動:+21.5pips

前回発表後の米ドル円1分チャートの動きはコチラ

アメリカ・雇用統計

<狙い目の解説>

前回は13.6万人での発表でしたが今回はそれよりもさらに低い水準での発表と予想されています。が、毎度毎度斜め上を行く結果になるため、この予想が当たる事はほぼありません。

また失業率に関しては前回が3.5%と大幅に改善されましたが今回は3.6%とこれまでの数値に戻ると予想されています。

逆に3.7%まで上昇すると失望売りでLOW方向に大きく動くと思われます。いくら予想したところで思惑が多すぎて予想外の変動を見せるので、30秒逆張りというのが有効になるでしょう。


発表値雇用者数15万人以上・失業率3.5%以下 USD/JPY=HIGH

発表値雇用者数10万人以下・失業率3.6%以上 USD/JPY=LOW


11月1日:ISM製造業景気指数 10月

米国供給管理協会から発表される重要指標で製造業の景況感を示してくれます。景気転換の先行指標として利用されるので為替変動が起きやすく最近では毎月のビッグイベントとしても注目されます。

前回の発表値と今回の予測値

前回発表値:49.1
今回予測値:49.5
前回発表時変動:-34.5pips

前回発表後の米ドル円1分チャートの動きはコチラ

ISM製造業景気指数

<狙い目の解説>

見方として50が基準となります。これまで2年以上は50を下回った事が無かったのですが直近では50を連続して割り、発表後大きく下落している指標ですね。

今回も49台とネガティブ予想となります。この通りの発表だと今回も下落方向へ進むと予想します。ですが50を超える事が出来ればこれまでの下落分、非常に強くドルは値を戻すと考えられます。

場合によっては雇用統計よりも動く可能性があるため注目していきたい所です。


発表値50以上 USD/JPY=HIGH

発表値49以下 USD/JPY=LOW


経済指標の発表を狙って取引するなら高ペイアウト率取引で順張り!

要人発言や経済指標の発表などを狙って取引をする場合は、為替が動いている方向に沿ってエントリーする順張りが適しています!その理由としては、発表された内容や数値によって為替相場はHighかLowのどちらか一方に動く可能性が高いため、素直に順張り取引をした方が勝率が高くなるでしょう♪

更に言えば、値動きがあまり無い相場の時には敬遠しがちな『スプレッド取引』でも充分に勝ちやすくなります。ハイローオーストラリアのようなペイアウト率2倍取引のある『スプレッド取引』で短期で狙ってみる事がおすすめです!では、実際にハイローオーストラリアで取引の流れをみていきましょう♪

ハイローオーストラリア取引画面

まずはで取引方法を選択していきましょう。先程も言ったようにペイアウト2倍の短期取引『Turboスプレッド』をおすすめします。で判定時間を選択し、で銘柄の決定です。今回の米ドル相場を狙うのであれば、取引時間は1分・3分、取引銘柄は『USD/JPY』『EUR/USD』などを選択しましょう♪

ハイローオーストラリア取引画面

後はで投資金額を選択して、で方向を選択し購入をします!そして大事なエントリーする方向ですが、動いている方向に沿ってエントリーをする『順張り』が適しています。経済指標の発表時や要人発言のタイミングでは為替はしばらく一定方向に動きやすいのでそこを狙ってみましょう♪

取引の流れと狙い目は以上となります。ハイローオーストラリアでは登録不要で試せる『デモ取引』も提供しているのでぜひシミュレーションしてみてください!


ハイローオーストラリアの関連記事をチェック!

HighLow Australia(ハイローオーストラリア)

HighLow Australia(ハイローオーストラリア)
最短で翌日出金ができる人気の海外バイナリーオプション業者です。私も試してみましたが、事実でした!またペイアウト2倍取引もあり高利益を狙える。

業者詳細ページはこちら


カテゴリ:コラム



バイナリーオプションを比較海外バイナリーオプション業者を各項目ごとに分かりやすく比較しました!


今週使える!為替予想!


kouryaku

業者選びに迷ったらこの海外業者を選択しよう!

取引初心者でも簡単に勝つための取引ツールを提供中!

初心者でも簡単に使える
オートチャーティストの予想した方向に取引するだけ!
取引で楽に勝てる
予想困難な場面でもオートチャーティストが方向を示してくれる!

ここが使える!オススメの海外バイナリーオプション業者ランキング

1HighLow Australia(ハイローオーストラリア)

ハイローオーストラリア

ここがオススメ!ハイローターボスプレッドがペイアウト2.20倍で稼ぎやすい!

ユーザーの92%が高評価
収支合計¥1,361,908

2the option(ザオプション)

ザオプション

ここがオススメ!専用のデスクトップアプリで誰でも分析可能!キャンペーンも豊富!

ユーザーの90%が高評価
収支合計¥41,880

3FivestarsMarkets(ファイブスターズマーケッツ)

FivestarsMarkets

ここがオススメ!土日祝日もバイナリー取引可能!同値引分けでも返金される!

ユーザーの89%が高評価
収支合計¥138,595

4TRADE200(トレード200)

TRADE200

ここがオススメ!ローソク足完備!更に経済指標も見れる!!

ユーザーの87%が高評価
収支合計¥170,000

5SONICOPTION(ソニックオプション)

ソニックオプション

ここがオススメ!最高ペイアウト率2.02倍!勝率50%でも黒字に!

ユーザーの86%が高評価
収支合計¥153,200
  • 海外バイナリーオプションをサポート

  • 海外バイナリーオプション業者一覧

    ボリンジャー・スミスの攻略体験ブログ
  • バイナリーオプション攻略最新記事

  • 運営者情報

    スミス

    ボリンジャースミス

    2013年よりバイナリー海外業者選びサポートサイトを運営しているスミスです。投資歴10年になります。皆さんの投資の手助けになれるよう、様々な角度からサポートしていきます。もっと私の事を知りたい方は下のリンクから確認できます。
    詳しいプロフィールを確認する

    Twitter

  • ザオプションが今アツい!

    ザオプションバナー