バイナリー海外業者選びサポートサイト

海外バイナリーオプション業者の入出金・口座開設方法・ペイアウト倍率・取引内容などの特徴を比較して業者選びをサポートするサイト

ペイアウト率最大2.20倍で利益が出しやすい!30秒から取引出来るので稼ぎやすい!

ハイローオーストラリア

2020年2月も新規口座開設数No.1達成中!ハイローオーストラリア

  • AI自動照合システムを採用しているので最短十数分で口座開設可能!業界最速
    最短で翌日に出金できる!当サイトでも実際に確認済み!検証記事はこちら
バイナリーオプション取引をサポート!
経済指標発表時は為替が動く!2月24日~28日の予想

1月27日~31日の経済指標まとめ!アメリカからの重要指標が特盛!絶対に見逃せない!

2020-1-23

画像タイトル

こんにちはボリンジャースミスです。バイナリーオプションで使える次週の経済指標について見ていきましょう。

次週は月末という事でアメリカからの重要指標が多く発表されるため、為替変動の大きさには大いに期待できます。その中でも注目すべき点は「FOMC」です。2020年一発目の政策金利という事もあり、本年度の利上げ、利下げに関する事が示唆されれば物凄く大きく動きますよ。

バイナリーオプショントレーダーにはアツイ1週間となりますので是非チェックしておきましょう。

このチャンスを逃さないためにも是非ハイローオーストラリアで取引しましょう!その際はペイアウト率2.0倍のハイロースプレッド取引がオススメです。

それでは経済指標を見ていきましょう!

1月27日~1月31日の注目の経済指標
発表時間:00時00分 期待度:★★★★
発表時間:00時00分 期待度:★★★★
発表時間:04時00分 期待度:★★★★★
発表時間:22時30分 期待度:★★★★
発表時間:22時30分 期待度:★★★★

1月28日:アメリカ・新築住宅販売件数 12月

アメリカの新築住宅の販売件数の動向を示す指標です。タイプは違えど中古住宅同様に景気の先行性が高いという特徴があります。

前回の発表値と今回の予測値

前回発表値:71.9万件
今回予測値:-
前回発表時変動:+0.9pips

前回発表後の米ドル円1分チャートの動きはコチラ

アメリカ・新築住宅販売件数

<狙い目の解説>

新築住宅の場合、懐具合を把握するだけでなく、その後の家具や家電製品などの耐久財に対する先行指標としても見る事が出来ます。

また新築住宅の場合は、物件の所有権の移転(契約段階)をもって計上されるため、中古住宅販売件数などに比べても、更に1~2ヵ月ほど先行性があると見られています。

そんな重要指標ですが直近3ヵ月で70万件以上をキープしています。今年一発目という事で一年を占う意味でも良い結果に期待したい所です。この推移を保つことが出来れば問題なく米ドルは上昇方向へと進んでいくでしょう。

逆に70万台を割った場合は月末のポジション整理も含めて大きく売りに転じるのではないかと予想しています。


発表値73万件以上 USD/JPY=HIGH

発表値68万件以下 USD/JPY=LOW


1月30日:アメリカ・中古住宅販売成約指数 12月

契約済みで未引き渡しの物件の数をまとめたものです。販売件数の前段階の指標として高い価値があります。

前回の発表値と今回の予測値

前回発表値:1.2%
今回予測値:-
前回発表時変動:-1.5pips

前回発表後の米ドル円1分チャートの動きはコチラ

アメリカ・中古住宅販売成約指数

<狙い目の解説>

引き渡しが済んだ(所有権の移転が完了した)時点での集計となるので、先ほどの指標同様に先行指標となります。それだけに注目度も高く、サプライズがあると大きく変動します。

前々回は0.2%のプラス予想に対し、結果は-1.7%と大きく下回る内容となりましたが前回は1.2%と反動増となりました。前回だけに終わらず今回も1.0%以上を超える結果となれば米ドルは大きく買われる事になるでしょう。

逆にまたマイナス数値に戻ってしまうとネガティブサプライズになると予想します。


発表値1.0%以上 USD/JPY=HIGH

発表値0.0%以下 USD/JPY=LOW


1月30日:アメリカ・FRB政策金利(FOMC) 01月

連邦公開市場委員会の決定するアメリカの政策金利が発表されます。

前回の発表値と今回の予測値

前回発表値:上限金利:1.75% 下限金利:1.50%
今回予測値:上限金利:1.75% 下限金利:1.50%
前回発表時変動:+4.4pips

前回発表後の米ドル円1分チャートの動きはコチラ

アメリカ・FRB政策金利(FOMC)

<狙い目の解説>

現在のアメリカは景気後退が懸念されていますので利上げに関しては期待しにくい状況となっています。また直近で利下げを行っているので更なる利下げも今すぐは考えにくい状況ですね。

じゃあ何を注目するの?という事ですが、見るべき点としては“今後の利下げ・利上げ”の見通しがどうなっているのかというところです。これは要人発言により起こる事なので、事前の予想が出来ません。

ですので為替変動が起きる場合は、強く一方的に動いているんですね。時間が朝方できついですが、是非狙ってみて下さい。


発表値1.75%~2.00% USD/JPY=


1月30日:アメリカ・実質GDP(速報値) 第4四半期

FOMCや雇用統計と並んで注目度が高い重要経済指標の一つです。アメリカの経済規模を知る事が出来ます。

前回の発表値と今回の予測値

前回発表値:2.1%
予測値:-
前回発表時変動:+9.1pips

前回発表後の米ドル円5分チャートの動きはコチラ

前回のアメリカ・実質GDP

<狙い目の解説>

雇用統計やFRB政策金利発表とならぶビッグイベントであるGDPで、アメリカの国内総生産の事です。個人消費、設備投資、住宅投資、在庫投資、政府支出、純輸出(輸出から輸入を引いたもの)で構成されており国内全体の生産活動を把握することができるため注目度が高いです。

直近では2.0%台を維持する等、景気回復に期待できる数値で発表されているため比較的発表後は米ドルが買われやすい状態にあります。そのため今回も2.0%以上の発表が期待されているでしょう。

万が一1.5%を下回った場合は景気後退の懸念が強まる事からネガティブサプライズとして捉えられ、大きく米ドルは売られるでしょう。


発表値2.0%以上 USD/JPY=HIGH

発表値1.5%以下 USD/JPY=LOW


1月31日:アメリカ・PCEデフレータ 12月

アメリカの個人消費の強さを示す指標です。インフレ率と直接的な関係があり今後の金融政策にも影響を与える重要な指標です。

前回の発表値と今回の予測値

前回発表値:PCEコアデフレータ・前年比:1.6%
今回予測値:PCEコアデフレータ・前年比:-
前回発表時変動:-1.0pips

前回発表後の米ドル円1分チャートの動きはコチラ

アメリカ・PCEデフレータ

<狙い目の解説>

アメリカではインフレターゲットで使用される数字なので非常に重要な指標です。金融政策にも直接影響するので変動が起きやすいです。

見るべきポイントはコアデフレータの前年比です。この値が2%を超えてくるとポジティブサプライズとなります。

その逆で1%を割り込むような事になるとネガティブサプライズとなりますので注意です。週最後の重要指標なので、ポジション整理に使われる可能性が高いです。是非狙って行きましょう。


発表値2.0%以上 USD/JPY=HIGH

発表値1.0%以下 USD/JPY=LOW


経済指標の発表を狙って取引するなら高ペイアウト率取引で順張り!

要人発言や経済指標の発表などを狙って取引をする場合は、為替が動いている方向に沿ってエントリーする順張りが適しています!その理由としては、発表された内容や数値によって為替相場はHighかLowのどちらか一方に動く可能性が高いため、素直に順張り取引をした方が勝率が高くなるでしょう♪

更に言えば、値動きがあまり無い相場の時には敬遠しがちな『スプレッド取引』でも充分に勝ちやすくなります。ハイローオーストラリアのようなペイアウト率2倍取引のある『スプレッド取引』で短期で狙ってみる事がおすすめです!では、実際にハイローオーストラリアで取引の流れをみていきましょう♪

ハイローオーストラリア取引画面

まずはで取引方法を選択していきましょう。先程も言ったようにペイアウト2倍の短期取引『Turboスプレッド』をおすすめします。で判定時間を選択し、で銘柄の決定です。今回の米ドル相場を狙うのであれば、取引時間は1分・3分、取引銘柄は『USD/JPY』『EUR/USD』などを選択しましょう♪

ハイローオーストラリア取引画面

後はで投資金額を選択して、で方向を選択し購入をします!そして大事なエントリーする方向ですが、動いている方向に沿ってエントリーをする『順張り』が適しています。経済指標の発表時や要人発言のタイミングでは為替はしばらく一定方向に動きやすいのでそこを狙ってみましょう♪

取引の流れと狙い目は以上となります。ハイローオーストラリアでは登録不要で試せる『デモ取引』も提供しているのでぜひシミュレーションしてみてください!


ハイローオーストラリアの関連記事をチェック!

HighLow Australia(ハイローオーストラリア)

HighLow Australia(ハイローオーストラリア)
最短で翌日出金ができる人気の海外バイナリーオプション業者です。私も試してみましたが、事実でした!またペイアウト2.20倍取引もあり高利益を狙える。

業者詳細ページはこちら


カテゴリ:コラム



バイナリーオプションを比較海外バイナリーオプション業者を各項目ごとに分かりやすく比較しました!


今週使える!為替予想!


kouryaku

業者選びに迷ったらこの海外業者を選択しよう!

取引初心者でも簡単に勝つための取引ツールを提供中!

初心者でも簡単に使える
オートチャーティストの予想した方向に取引するだけ!
取引で楽に勝てる
予想困難な場面でもオートチャーティストが方向を示してくれる!

ここが使える!オススメの海外バイナリーオプション業者ランキング

1HighLow Australia(ハイローオーストラリア)

ハイローオーストラリア

ここがオススメ!ハイローターボスプレッドがペイアウト2.20倍で稼ぎやすい!

ユーザーの92%が高評価
収支合計¥1,680,020

2the option(ザオプション)

ザオプション

ここがオススメ!専用のデスクトップアプリで誰でも分析可能!キャンペーンも豊富!

ユーザーの90%が高評価
収支合計¥139,900

3FivestarsMarkets(ファイブスターズマーケッツ)

FivestarsMarkets

ここがオススメ!土日祝日もバイナリー取引可能!同値引分けでも返金される!

ユーザーの89%が高評価
収支合計¥138,595

4TRADE200(トレード200)

TRADE200

ここがオススメ!ローソク足完備!更に経済指標も見れる!!

ユーザーの87%が高評価
収支合計¥170,000

5SONICOPTION(ソニックオプション)

ソニックオプション

ここがオススメ!最高ペイアウト率2.02倍!勝率50%でも黒字に!

ユーザーの86%が高評価
収支合計¥153,200
  • 海外バイナリーオプション業者一覧

    ボリンジャー・スミスの攻略体験ブログ
  • バイナリーオプション攻略最新記事

  • 運営者情報

    スミス

    ボリンジャースミス

    2013年よりバイナリー海外業者選びサポートサイトを運営しているスミスです。投資歴10年になります。皆さんの投資の手助けになれるよう、様々な角度からサポートしていきます。もっと私の事を知りたい方は下のリンクから確認できます。
    詳しいプロフィールを確認する

    Twitter

  • ザオプションが今アツい!

    ザオプションバナー
  • 海外バイナリーオプションをサポート